Euros Childs、ニューアルバム『HOUSE ARREST』 11月17日発売

House_Arrest_FRONT.jpg



Euros Childsの13枚目となるアルバムが11月17日発売予定です。
タイトルは「HOUSE ARREST」(意味:自宅監禁)で11曲収録。
前作の「Refresh!」と同様にSweet Babooと2人で、今年の初め頃に制作。
形態はCDとVinylでの発売との事です。
National Elfで現在、予約を受け付けています。



アルバムからの先行シングル「My Colander 」。

スポンサーサイト

Bill Ryder-Jones - Daniel






Bill Ryder-Jonesのアルバム「West Kirby County Primary」に収録されている「Daniel」という曲は、Billが幼いころに海で亡くなった、兄のDanielについて歌われています。幼い時に体験した兄の死は、生き残されてしまったBillにとっては払拭することのできない大きな悲劇として今も横たわり、現在もその死と向き合うことに苦悩している様子が、生々しく歌詞には描かれています。
歌詞を読むと、前半は両親のDanielを亡くしたときの気持ちが描かれ、後半は精神科医とBillとの会話で構成されていることに気がつきます。精神科医(もしくは両親もでしょうか)が薬を飲むように勧めても、Billは頭の中でDanielを考えらることがやめられず薬を手に取ることが出来ない描写が綴られていて、Billの苦悩が痛切に伝わってきます。

この幼き頃の兄の死の体験については、「1991」(アルバム未収録)という曲でも触れられています。




*以下、稚拙であり誤訳だらけというのを前提で、もし興味がある方は読んでみてください。







“Daniel is my big brother who passed away when I was a little boy. I've written tunes about him for a while. This one skirted around the fact and I didn’t want to get into it but it kind of just happened, it just seemed to roll, so yeah, the story of Daniel is more about… it's like a composition tool. It's more about when someone dies, focussing on the effect on the people left over. The real tragedies are the people whose lives... not the real tragedies, but the equal tragedies, are on the people left behind and how they have to live.”

Danielは僕がまだ小さかった時に亡くなってしまった兄だよ。僕はしばらくの間、彼についての曲を書いていた。今まではこの"死"という事実と向き合ってこなかった。僕はその事実を直視したくなかったんだ。だけどそれは実際に起きて、もう転がってしまったようなことで。そうそれで....。このDanielに関する物語はDanielの死以上の...構成で成り立っているものなんだ。誰かが亡くなったときというのは、残された人々にとってはそれ以上の事となって集束されるんだ。本当の悲劇というのは生きている人たちの事なんだよ....。それは本当の悲劇(=死)ではないのだけど。でも、それはやっぱり悲劇と言えることなんだ。置いていかれた人たちはどうやったってかこれからも生きていかなければならないんだから。




Lost in light or bound forever
光の中で迷ったのか 永遠に縛られたのか
Honey it seems our love's together
私たちの愛と共にあるように見えたハニー
The ropes were worn
その糸は擦り切れてしまった
And they came undone
そしてほどけてしまった
When we lost our little boy
私たちが小さな男の子を失った時
We tried so hard to stay together
なんとか一緒にあろうとしたのだけど
Daniel

Daniel belongs to the ocean
ダニエルは大洋の中にいる

Daniel
Daniel
Daniel belongs to the ocean


A drop in the ocean an endless sea
大洋に落とされた終わりなき海
One in a million tragedies
百万の悲劇の中の一つ
For everyone
みんなの中の
Belongs to one
どこかに存在するもの

Like some unopened birthday card
まるで開けられなかったバースデーカードのよう
I keep you boxed in my unwanted Memories
私はあなたを不要な記憶の中にしまい続けた
Daniel

Daniel belongs to the ocean
ダニエルは大洋の中にいる
Daniel
Daniel
Daniel belongs to the ocean



Could it be instead
それは代わりになるはずだ
You know the ones that said
言っていることが分かるでしょう
Just a little hill It's just a little pill
ただの小さな丘(課題)だよ、これはただの小さい丸薬
If you take that shit
あなたがそれを手に取れば
You might not feel so sick
悪い考えはなくなるはずだ
If you take the pill
その薬を飲めば
You might not feel so ill
具合は良くなるはずだ
Let's make it easy for ya Bill
簡単なことだろう、なあBill

(Daniel) If you show us where it hurts (Daniel) We'll see what we can do (Daniel) It's just a little trick
(Daniel)もしあなたが私たちにあなたの抱えている傷のありかを示してくれたら(Daniel)私たちはあなたを良くできるだろう(Daniel)ただの簡単なトリックだよ
(Daniel) To stop you feeling blue
(Daniel) 憂鬱に感じるのはやめるんだ
(Daniel) If you take that shit
(Daniel)気を滅入らせていたら
(Daniel) You might feel so sick
(Daniel)病気になってしまう
(Daniel) If you take that pill
(Daniel)あなたがこの薬をのめば
(Daniel) You might not feel so ill
(Daniel)悪い考えはおさまるはずだよ
Let's make it easy for ya bill
簡単なことだろう、なあbill


Father John Misty

1日だけ仕事を休みフジロックに行ってきました。
土日は仕事だったので金曜日の初日に。

一人で行動していたので誰に気を使う訳でもなく見たいアーティストだけ見て帰ってきました。
Father John Mistyが特に良かったな。。
2012年のFleet Foxesの初来日時は新木場まで観に行って、その時はジョシュティルマンはドラマーとしてステージに立っていて、
5年もの月日を経て今度はソロアーティストとして堂々たる風格でステージにいて、それを5年もの年を食った、逆に何も成長していない自分が、でも同じ空間の中でこうして一緒の時間を共有出来ているんだなあということを思えたら嬉しかった。
5年前のジョシュティルマンはどんな風貌でどんなパフォーマンスだったかなと記憶を探りながら、夕刻の暗がりのField Heavenのステージで、時折膝から倒れこみ歌うジョシュティルマンのパフォーマンスが神々しく感じ泣けました。


James Skelly

6月16日のJames SkellyのTwitterからの引用です。


The first time I heard this album it blew my mind it's criminally underrated

最初にこのアルバムを聞いた時、とにかく衝撃を受けた。犯罪的に過小評価されているアルバムだね。




DCd_VJAW0AQWexr.jpg


ゴーキーズはどのアルバムから聞いたらいい?という質問には、

Spanish dance troop ,barafundle ,Gorkys 5 they're good mate

と答えていました。Jamaes Skellyからもゴーキーズの話が聞けるとは思っていなかったので嬉しいな。


Ray Davies

Ray Daviesかっこいいな。10年振りに出たアルバム買わなきゃ。

プロフィール

Mr. Groovy

Author:Mr. Groovy

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる